北海道釧路市。釧路動物病院(Kushiro Animal Hospital)、北海道アニマルメディカルセンター(Hokkaido Animal Medical Center)

STAFF

TOPICS

スタッフ紹介

Ritsuyo Igarashi
副院長:五十嵐 律代(いがらし りつよ)

副院長:五十嵐 律代(いがらし りつよ)
1959年2月20日生
出身地:愛知県

「いっしょに笑って泣いて時にはおこって……
ハートフルな診療をします」

略歴

1978年

イランインターナショナルハイスクール卒業

1983年

酪農学園大学獣医学科卒業

1985年

酪農学園獣医学科修士課程修了

1986年

ザンビア家畜保健所 所長(JICA)

1993年

釧路動物病院勤務

1995年

シドニー州立大学獣医学部レジデント

1996年

同大学、内科学Diploma取得

1997年

釧路動物病院副院長

2000年

オハイオ州立大学獣医学部麻酔科研修

2001年

カリフォルニア州立大学獣医学部麻酔科研修

所属

日本獣医師会

日本小動物獣医師会

獣医リハビリ学会

獣医麻酔外科学会

獣医臨床病理学会

獣医学術講演通訳

1999年

オハイオ大学教授 Dr.Bertone, Dr. Muire 外科学、麻酔学セミナー

2000年

フロリダ大学教授 Dr. Brooks 臨床眼科学セミナー

2001年

フロリダ大学教授 Dr.Gelatt 眼底疾患に関するセミナー
オクラホマ大学教授 Dr.Ko 麻酔科学セミナー

2002年

オクラホマ大学教授 Dr. Ko 疼痛管理に関するセミナー

2005年

オクラホマ大学教授 Dr. Ko疼痛管理に関するセミナー

特別講師

2004年

獣医学概論「臨床獣医師のありかた」酪農学園大学獣医学部

発表

「画像上髄膜腫と診断され開頭腫瘍摘出術を施行した犬の3症例」
〜II 頭蓋内圧調節を考慮した麻酔管理からの検討〜

「自発呼吸を維持しながら同期的歇性強制換気(SIMV)を適用したイヌの吸入麻酔の3症例」

「全身麻酔が発作の一因と考えられた門脈シャントの犬の一例」

「臨床麻酔例において犬種が調節呼吸時の肺ー胸郭コンプライアンスに及ぼす影響」

「犬および猫の臨床麻酔例における肺-胸郭コンプライアンスとその経時的変化」

翻訳本

2002年

「眼の感染症」Veterinary North America 学窓社

Award

2004年

北海道獣医師学会地区学会賞 「犬猫の臨床麻酔例において体格および加齢が調節呼吸時の肺-胸郭コンプライアンスに及ぼす影響」

HOME | ご案内 | 診療・手術・検査 | 設備のご案内 | スタッフのご案内 | 虹の掛け橋 | 手術の記録 | コラム
©Kushiro Animal Hospital.//Photo by 諏訪写真事務所・諏訪智也(札幌市)